ジスロマックを安く購入する方法

ジスロマックはマクロライド系抗生物質による殺菌作用で、細菌による感染症の治療に用いられます。主にクラミジア菌に効果があることから、性感染症のクラミジアの治療に使用されていますが、その他にも様々な症状に使われる抗生物質となります。しかしこのジスロマックは非常に高価な薬で、病院での処方に約3,000円ほどかかります。加えて診察料に2,000~5,000円ほど必要で、クラミジアに感染していた場合は検査費用に3,000~4,000円プラスとなり、総額で8,000~10,000円は費用がかかることになります。初診でなければ少しは安くなりますが、病院への往復で交通費が少なからず必要になりますし、検査の手間なども考えると経済的な方法とは言えません。ジスロマックは1回使い切りの薬とされていますが、1回でも費用は高いので、少しでも安く買いたいと思うのは人として当然の思考と言えます。病院の処方が高いのなら、通販による個人輸入を利用するという手があります。病院の処方とは違い種類がありますが基本的には500mgと250mgの2種類で、内容量が3~30錠で分かれています。500mgでは3錠からのタイプで、250mgでは6錠からのタイプとなっています。通常は250mgの6錠だけでいいのですが、クラミジアの治療なら1回1,000mgを服用するので500mgの3錠入りなら2,500円前後なので、かなり安く購入することができます。個人輸入代行業者なら諸々の手続きも省けるので、病院の処方よりもずっと経済的と言えます。ただし、クラミジアなどの性感染症にかかった場合は、症状を断定するために検査が必要となります。自己診断でジスロマックを購入しても、実は違う感染症だったということもあるので、まずは病院で検査を受けることをおすすめします。

ジスロマックを常備薬として備える

性病であるクラミジアに感染した時に、治す薬として有名なジスロマックですが、常備薬として家に置いておくと便利な場合があります。性病は家族にすら相談しずらいデリケートな内容でもあります。しかしクラミジアの様な性病は正しい治療を行わないと治らず、パートナーに感染させてしまうという怖い病気でもあるのです。そのためクラミジアにかかったが、家族に相談しにくく、更には健康保険証を使い何の治療を行ったのかが露見するのか怖い場合は、ジスロマックを常備薬として備えておくと便利なのです。ジスロマックは1回服用するだけでその効果が1週間続くことが特徴的です。何回も薬を服用する姿を見られることもなく、90%という高い治療効果があるので、経済的な薬とも言えます。ではジスロマックは医療機関でしか処方できないのでしょうか。仮にそうであれば、結局、健康保険証で家族に知れ渡りそうですが、幸いにも薬の通信販売でも購入することが出来ます。しかも処方箋なしで手に入れることが出来るので、常備薬として備えることが出来ます。そこで問題なのは、副作用と同時に摂取してはいけない薬です。ジスロマックは副作用が少ないとして知られていますが、下痢や腹痛、嘔吐などの消化器官に関する症状の副作用が出る可能性があります。症状が酷くなければ様子を見ても良いかもしれませんが、脱水症状を起こしたり嘔吐の回数が多かったり等、副作用の症状が酷い場合は医療機関で診察してもらいましょう。また同時に服用してはいけない薬もあるので、しっかりと説明書を確認しましょう。それでも分からない場合は医師や薬剤師に相談すると良いでしょう。ジスロマックを服用してクラミジアが治るなら良いですが、副作用の症状が酷い場合は、恥ずかしいなどと言わずに医療機関を受診しましょう。そうすることで自分の身を守ることにもなります。

ジスロマックのジェネリックは正規品?

ジスロマックにはジェネリックが存在していて、10社以上のメーカーがジスロマックのジェネリックの製造販売をしています。そもそもジェネリックとは「一般的な」という意味で、医薬品の分野では今まで治療に使われてきた薬と有効成分が同じだけれど、特許の期限が切れたことで他のメーカーでも製造ができるようになったものです。新薬が開発されるまでには多大なコストと時間がかかっています。そのため、新薬が製造販売される際にはこれまでかかった研究費などを加味して薬の代金は高くなり、さらに新たな効果を持っている薬ならばさらに薬の代金は高額になります。調剤薬局などで処方されるようになるまでに何例もの治験が行われているので、安全性は高いと言えます。ジェネリック薬は新薬が販売されて十数年が経過して特許が切れたときに他のメーカーも製造と販売ができるようになります。薬の中身は同じなので、効果や安全性は問題ないと言えますが、研究にかかるコストや時間が不要なため、新薬に比べて価格は3分の1~4分の3程度の価格になります。効果や安全性が保障されている上で製造販売されているため、薬を使う人にとっては医療費の節約になります。このような経過をたどってジェネリック薬は製造販売されているため、ジスロマックと同じ有効成分でありながら、製造メーカーが違うものが「ジスロマックのジェネリック」と呼ばれています。厚生労働省の認可が必要なため、ジェネリック薬は正規品と言っても良い薬です。しかし、有効成分以外の添加物などが新薬と多少違うことがあるため、ジスロマックでは全く何の変化もなかった人が、ジスロマックのジェネリックを服用して副作用が起こるというケースがあります。
■ジスロマックでは治せないヘルペスにはこの薬
ゾビラックス
■原虫が原因の病気にメトロニダゾールが効く!
メトロニダゾールは効き目抜群